MENU

7つのテーマでめぐる山陰の旅

絞り込み検索
エリアを絞り込む
キーワードで絞り込む

松江のシンボル 黒と白の美しいお城 国宝 松江城

テーマ
うつろい
エリア
島根県松江市
望楼の南方向には 宍道湖が一望。
ハートの形の 石垣を探して みよう
松江のシンボル 黒と白の美しいお城
堀尾吉晴により1611年に築城された後期望楼型天守の松江城。平成27年に国宝に指定された全国に現存する国宝5城の一つ。最上階の望楼からは松江市街や宍道湖など、見晴らしが最高です。
基本情報
住所 島根県松江市殿町1-5
TEL 0852-21-4030
営業時間 【登閣時間】
4~9月/8:30~18:30、 10~3月/8:30~17:00 (受付は閉館から30分前まで)
定休日 無し
アクセス JR松江駅から車で約10分
料金 【登閣料】 大人 560円、 小人 280円
マップ
関連おすすめプラン
時代案内人と巡る松江城登閣ツアー
期間:2017/04/01-2017/09/30
テーマ うつろい
エリア 島根県松江市
甲冑を着た武者「時代案内人」が「天下一やさしいお城ガイド」を合言葉に、築城から400年を越える国宝松江城の魅力を語ります。参加者全員に限定ポストカードをプレゼント。
実施時期 2017/04/01-2017/09/30
場所 国宝松江城の大手前「堀尾吉晴」銅像前集合
時間 10:00発 (所要時間:60分)
料金 1,500円(税込)
予約 要予約(7日前まで)
お問い合わせ 0852-27-5843 ((一社)松江観光協会)
松平不昧公200年記念 観月茶会
期間:2017/09/16-2017/09/22
テーマ うつろい
エリア 島根県松江市
今から約400年前、松江開府の祖である堀尾吉晴公が松江城を築城したときに開創された寺院。
9月の涼しさを感じる夕刻より、川床での点心とミニ船旅を楽しむ「観月茶会」を実施します。国宝 松江城堀川の特設川床で点心弁当を味わっていただいた後、大名茶人松平不昧公も船で訪れたと伝わる普門院「観月庵」へ堀川遊覧船に乗船して向かいます。「観月庵」では、日本庭園を鑑賞しながら特別な一服をいただき、日常では体験できないひとときを味わっていただきます。
実施時期 2017/09/16-2017/09/22
場所 堀川特設川床(点心)、 普門院(茶席)
時間 17:00~19:30頃
料金 6,480円 (税込)
最小催行 1名~10名/各日
予約 要予約(7日前まで)
お問い合わせ 0852-32-3415 (山陰中央新報社文化事業局事業部)
出雲路カランコロン
テーマ たしなみ
エリア 島根県松江市, 島根県出雲市
松江の城下町や出雲大社の門前街を着物で歩こう!

出雲大社と松江城周辺のレンタル着物店【5店舗】で着物をレンタルした観光客の皆様に、約50の協賛店舗で特典が受けられる【出雲路カランコロン】冊子を無料で差し上げます。さらに、プレDC期間中は扇子をプレゼント!
場所 各レンタル着物店 ※冊子提供場所(出雲市、松江市合わせて5店舗)
時間 【期間】 通年(出雲路カランコロン) ※プレDC期間中(7~9月)限定:扇子プレゼント
料金 無料 (レンタル料は各店舗による)
予約 要予約
お問い合わせ 0852-55-5630 (神話の国 縁結び観光協会)
備考 詳細はHPをご覧ください
松江水燈路
期間:2017/09/01-2017/10/31
テーマ ときめき
エリア 島根県松江市
松江城周辺で行われる灯りのイベント。堀端には絵などが描かれた手づくりの行灯が足元を照らし、幻想的な情緒を演出。堀川遊覧船夜間運航では水面から、灯りに包まれた城下町の風情が楽しめます。
実施時期 2017/09/01-2017/10/31
場所 松江城周辺
時間 【期間】平成29年9月1日~10月31日 18:00~21:00
※天候、気象状況等によりご覧いただけない場合があります。
お問い合わせ 0852‐27‐5843 ((一社)松江観光協会)
備考 ①平日ライトアップ(期間中の平日48日間)
※堀川遊覧船の夜間運航、塩見縄手水燈路行灯設置はありません
◆ライトアップエリア:松江城山公園内
◆松江城本丸開放時間延長〜21:00まで(無料)
◆縁の灯り路「アーティスト行灯展」地元作家の灯り作品展示
※今年の新作は9月23日〜
◆手作り行灯展(コンテスト作品展示)
※9月23日〜(雨天、強風時は中止)

②メイン開催日9月23日〜10月31日の土・日・祝日
◆水燈路行灯400個点灯・塩見縄手ライトアップ
◆堀川遊覧船夜間運航 
◆光船
◆水燈路宵屋台(飲食屋台や各種イベントの開催)
◆会場周辺観光施設等開館時間延長
◆JR松江駅から会場までの無料シャトルバスの運行
戻る