山陰観光連盟

玉造温泉

いにしえより親しまれた神湯

島根県
出雲地域

日本でも最古の歴史を持つ温泉です。松江市の西南約8km三方を山に囲まれた温泉地で、宍道湖に注ぐ玉湯川沿いに旅館や歓楽施設が軒を連ねています。近代的なホテルのほか、白木造りの純和風旅館もあり、庭園を眺めながら、庭の中の露店風呂にゆったりつかれる宿や日帰り入浴ができる宿があります。各旅館は味に力を入れており、コイの姿造り、松葉ガニ、モロゲエビ、スズキなどが名物料理です。温泉の東部にある花仙山から良質の青メノウが産出した頃に三種の神器である『勾玉』が作られたことがこの地の名前の由来となっており、現在は、青メノウを主体としたみやげものになっています。

住所 松江市玉湯町玉造
電話番号 0852-62-3300 (社)松江観光協会玉造温泉支部
アクセス方法 JR玉造温泉駅から車で5分、山陰道松江玉造ICから車で10分、山陰道松江西ランプから車で15分
URL
・・・・読み込み中です

関連コース1

比売神ガイド  スサノオゆかりのご縁結びと玉造温泉の姫神散策コース

島根

語り部とめぐる、神々とふれあう出雲神話の旅!

詳細
とっとり旅の生情報 しまね観光ナビ