山陰観光連盟

妻木晩田遺跡

大山山麓に姿を現わした日本最大級の弥生遺跡

鳥取県
西部

妻木晩田遺跡

山陰地方の弥生時代像に見直しをせまる貴重な資料

遺跡のひろがりは鳥取県米子市・西伯郡大山町にまたがる晩田山丘陵全域(約170ha)におよび、弥生時代に大山山麓に存在したであろうクニの中心的な大集落であったと考えられます。(平成11年12月に国の史跡に指定されました。) 現在、全体の約1割が発掘調査されています。その結果、竪穴住居跡454棟、掘立柱建物跡512棟、山陰地方特有の形をした「四隅突出型墳丘墓」などの墳墓が34基や、環濠など、山陰地方の弥生時代像に見直しをせまる貴重な資料がたくさん発見されました。 また、「むきばんだ史跡公園」として整備されて、弥生のムラが少しずつよみがえってきています。

住所 鳥取県西伯郡大山町妻木1115-4
電話番号 0859-37-4000
駐車場 有り 大型バス 3台、自家用車 60台(身障者用駐車場あり)
営業時間 午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)※7、8月 午前9時~午後7時(入場は午後6時30分まで)
定休日 第4月曜日(祝日は、その直後の休日でない日)、年末年始(12月29日~1月3日)
平均予算や料金(お一人様) 入場料無料
アクセス方法 ○JR山陰本線米子駅より車で25分/淀江駅より車で5分/大山口駅より車で10分
○山陰道「淀江IC」または「大山IC」より車で5分
○米子空港より車で45分
URL
・・・・読み込み中です
とっとり旅の生情報 しまね観光ナビ