山陰観光連盟

倉吉の白壁土蔵群・赤瓦

なつかしい日本の情緒を残す街並み

鳥取県
中部

倉吉白壁土蔵群

今も残る江戸・明治時代の古い土蔵

市内を流れる玉川沿いには、昔ながらの土蔵や商家の町並みが保存され、往時の倉吉の面影を残しています。白壁土蔵の多くは、江戸、明治期に建てられ、しっくいの白い土壁、焼杉の黒い腰板、赤い瓦などが、懐かしい風情をかもしています。静かに流れる玉川をはさんで、土蔵と商家の間には、少しそりのある小さな石橋がかけられ、周囲の景観とほどよく調和し、ここだけゆっくりとした時間が流れています。この白壁土蔵群の一角は、ショップや工房などに改築され、倉吉の新しい観光名所として人気を高めています。

住所 倉吉市新町1丁目、東仲町、魚町、研屋町周辺
電話番号 0858-22-1200(倉吉観光案内所)
駐車場 有り
アクセス方法 米子自動車道「湯原IC」「蒜山IC」から車で約40分
JR倉吉駅から路線バス「市内線西倉吉方面行」約12分 赤瓦・白壁土蔵下車 徒歩約5分
URL
とっとり旅の生情報 しまね観光ナビ